看護師 求人

病院勤務と介護施設勤務の比較

介護施設で働く看護師と病院で働く看護師とを比較すると、やはり病院勤務の看護師の方が介護施設勤務の看護師よりも給料が高い様です。

 

病院勤務の看護師の場合だいたいの病院で夜勤がありますから、その点を踏まえて考えると、介護施設勤務の看護師と給料面で差が出てくるのだと思います。

 

ですがいくら給料が良いとは言え、夜勤ありの看護師の仕事はとてもハードなので、給料の良さよりも仕事の楽さを選ぶ看護師が増えてきているのも事実です。

 

それに介護系看護師の中には、何年間かブランクがありそこから復職された方も多いと聞きます。

 

ブランクがあっても復職しやすいと言う事は、介護施設勤務の看護師の方が病院勤務の看護師よりも仕事が楽だと言う事なのだと思います。

 

ですが介護施設にも色々あるので、オンコールの頻度が高い介護施設であれば仕事がハードになる事もあるでしょう。

 

しかし、病院勤務の看護師と比較してみると、介護施設勤務の看護師の方が労働時間が短いですから、働きやすさを感じる方が多いのは事実だと思います。

ブランクがあっても働きやすい

なので、転職や復職をお考えの看護師の方で働きやすさを優先したいと思っている方は、介護施設勤務を視野に入れて転職や復職活動をされると良いのではないでしょうか。

 

実際に介護系看護師の求人情報を見てみると、月収27万円〜などとなっている所が多い様です。

 

もちろん、地域差などがありますから、この数字はあくまでも目安として考えて欲しいのですが、それでも一般の職業よりはやや高めに給料が設定されていると思います。

 

介護施設への転職や復職を考えている方は、この数字を目安にして活動を勧めると良いでしょう。

 

もしかしたら看護師の方の中には、「介護施設勤務でもこれくらいもらえるんだ」と思う方もいるかも知れませんね。

 

要は、仕事に何を求めるかが重要になってくると思います。

 

給料よりも仕事の楽さを優先させたい方は、そういった活動を勧める必要があるでしょう。