訪問 看護師

訪問看護師の仕事

訪問看護師の仕事内容をご説明します。

 

訪問看護師は、病気やケガなどで寝たきりになった方や、医学的管理やリハビリを必要としている方病気に対して不安を抱えている方本人やそのご家族にケアやサポートを提供します。

 

ご利用者の自宅に訪問して、一人一人の状態にあった看護や介護をして行きます。

 

 訪問看護師の仕事内容は様々ですが、以下で具体的に説明して行きましょう。

 医師の指導下による医療処置 ・・・・・ インシュリン注射、点滴、血糖測定など

 

 バイタルチェック ・・・・・ 血圧、体温、脈拍などを測る

 

 医療機器の操作 ・・・ 在宅酸素や人工呼吸器、膀胱カテーテル、持続点滴など

 

 褥瘡(じょくそう)管理

 

 在宅リハビリ ・・・・・ 拘縮予防、機能回復、嚥下機能訓練など

 

 認知症ケア ・・・・・・ 認知症介護に関する相談、事故予防の工夫など

 

 栄養不足や運動機能低下にならない為のアドバイス

 

 療養の際のお世話 ・・・ 食事や洗髪、入浴介助など

 

 終末期看護

 

以上の様に訪問看護師の仕事の幅はとても広いです。

利用者や家族のサポートをする

これら全てをこなしている訪問看護師もいれば、この中のいくつかをこなしているという訪問看護師もいるでしょう。

 

利用者の状態やご家族の状況に合わせた訪問看護をしなければならないので、訪問看護師には臨機応変に対応できる力が必要になってくるでしょう。

 

訪問看護師は、場合によっては利用者だけではなくそのご家族とも深く関わる事があります。

 

ですが訪問看護師はあくまでもサポートをしているに過ぎないので、その立場を忘れる事なく看護なり介護なりをして行けば、適切なアドバイスが出来るのではないでしょうか。

 

また、訪問看護や訪問介護に行く場合、ケアマネージャーや介護スタッフなどと一緒に訪れる事があります。

 

ですからそのチーム内でも利用者やそのご家族の情報交換をしていく必要があると思います。

 

それと、訪問看護師を希望する場合は、事前に介護の知識を身に付けておくと良いと思います。

 

初めての現場で戸惑わないためにも介護の知識は必要不可欠ですからね。