リハビリテーション 看護師

デイケアの介護系看護師の仕事内容

デイケアは通所リハビリテーションともいわれており、家庭で療養している要介護、要支援認定を受けた方が、通所してリハビリテーションを行っているサービスです。

 

デイケアは、高齢化社会が進む現在の日本では、社会的意義の高い存在でもあるのです。

 

デイケアで働く介護系看護師の仕事として最も重要なのが、利用者のバイタルチェックです。

 

 デイケアの介護系看護師として働く場合の仕事内容は、バイタルチェックの他にも、入浴をしても良いかどうかの判断をしたり、入浴介助から入浴後の処置、食事の介助やレクリエーションを行う場合の補助、や身の周りのお世話など様々です。

 

勤務する介護施設によっては、若干仕事内容が違う場合もありますが、これらの仕事内容が共通してあげられるのではないでしょうか。

 

デイケアの介護系看護師として勤務する場合には、きちんと仕事内容を確認して決めるようにしましょう。

 

看護師として病院に勤務していた場合は、デイケアの看護師になってからレクリエーションの補助などの仕事に対して、始めは戸惑いがあるかもしれません。

病院での勤務とは全く違う仕事と認識して働く

ですが、デイケアの介護系看護師として働くのであれば、病院に勤務していた時の仕事内容と現在の仕事内容を比較するのではなく、しっかりとデイケアでの看護師としても仕事を受け入れるようにしなければなりません。

 

デイケアでの看護系介護士の存在は、利用者の方たちはもちろん、介護士にとっても大切な存在でもあります。

 

利用者にとっては、体調面や健康管理に対するアドバイスなどは看護師が行う方が説得力もありますし、利用者側から見ても、看護師がいうのであればと素直に聞き入れることもでき、看護師はデイケアでは大きな役割を果たしているのです。

 

デイケアで働く看護師の特徴としては、ほとんどの施設において、夜勤や土曜日・日曜日の勤務がありません。

 

夜勤ができない事情がある方や、週末は休みたいと思っている看護師さんが多くいる職場でもあります。